Tボード動画コンテスト。グランプリは賞金10万円

Tボード-スノーボード、オフトレの2輪スケートボード  
ホーム >Tボードの魅力に迫る > Tボード動画コンテスト
お問い合わせ サイトマップ


動画集はこちら

海外スノーボーダー感想集
日本スノーボーダー感想集
ライダーインタビュー
Tボード各レポート集
特集!体験レポート
イベントレポート集
試乗動画レポート集
Xゲームで採用!
各メディアで紹介
世界初Tボードレース
日本初Tボードレース
スノーボードオフトレ
スケートボード進化系
サーフィンオフトレ
カイトサーフィンTボード
ウェイクボードTボード
Tボード科学
動画コンテスト

Tボード 動画

 
   


「Tボード動画コンテスト」結果発表について

お待たせしました!
Tボード動画コンテストにご参加いただいた方々、また、エントリーへ得票していただいた方々、楽しみにご覧になられていた方々へコンテストの結果を発表します。沢山のTボーダーから応募いただきありがとうございました。皆さんの熱意と関心が伝わってくる映像作品でしたね。

※注意:審査方法をティアニーライズジャパン選出の審査員による採点方式(30点満点)に変更いたしました。皆様にはご理解いただきますようお願いいたします。

審査員プロフィール

飯田房貴(いいだ・ふさき)

カナダ・ウィスラー在住のスノーボードビデオ・プロデューサー。
06-07年はvitminJIB2、Peak#1、Peak#2と3本ものタイトルをリリースし、この作品数は日本で最多。vitminJIBシリーズは、北米市場にも作品を進出させる予定。北米のトップ・プロと撮影をこなしているのでライダー技術を見る目も厳しいが、その一方で市場を大きく導ける一般層に受ける作品プロデュースにも力を注いでる。
DMK SNOWBOARD→http://www.dmksnowboard.com
「飯田フサキのTボード体験レポート!」

綿谷 直樹 (わたや・なおき)

元プロスノーボーダー
元スノーボードハーフパイプナショナルチーム
2002年よりナショナルチームハーフパイプチームコーチに就任後、2004年よりチーフコーチとしてトリノオリンピックを経て次のバンクーバーオリンピックを目指す。
別のフィールドでスノーボードキャンプのコーチやYONEXスノーボードの開発スタッフとして活動している。
スポンサー(YONEX、SOS、HESTRA、札幌スポーツ館スノーボードチーム)

Tierney Tyler (ティアニー・タイラー)

ティアニーライズ社 Vice President

優勝

エントリーナンバー3


24.7点


賞金10万円

t2bc-in-saiko
@関東のSnowBoard大好き仲間が、老若男女問わず毎週「彩湖」に集って遊んでます!
Ayoshi
B埼玉県
C荒川彩湖公園

●飯田房貴 (ポイント:8.2点)

全体にのほんとした音楽にたくさんの方が登場してアットホームな作り。このビデオに参加している人たちがTボードを楽しんでいる様子を見ることができる。
随所に寄りの画や、カッコいい滑りの画が入ることで、作品に締まりを与えているところが良かった。
遊び方としては、グラブしながらスライドストップ、またフロントサイドでのスラウドストップ、ウィリーなども見せている。そして縁石の細いところを滑るのは、ビックリ!
寄りで見せたり、フィックス(カメラを置いたまま)で撮影したり、なかなか工夫して撮影しているところも良かった。
自分のジャッジにおいては、このビデオを見た人が最も「Tボードやってみたい!」という影響を与えるというところで高得点にしました。楽しいビデオで、何度も見れます。

●綿谷 直樹 (ポイント:7.5点)

技術のアピール度は高いですね。あぁ、こういうこともできるよねぇ?と思いました。
映像作品としては独特の音楽と編集で運動会のような雰囲気でした。
こういう休日を過ごすのもいいですよね。

●Tierney Tyler (ポイント9.0点 )

このビデオ、大変気に入りました。編集もよく音楽もいいし、全体的に上手くまとまっていると思います。音楽はまるで50年代のカルフォルニアのようで私は好きですね。参加された皆さんのTボードを楽しむ雰囲気も良かったです。また、たくさんのよいライダーも見れました。カメラアングルも良く、まさにTボードのプロモーションビデオといった感じですね。
2位

エントリーナンバー4


24.4点

T-002コンプリートセット(ウレタンウィール)


Limit is nothing
@「Limit is nothing」。いろんな限界、制限ということをなにもかも忘れてとにかくTボードを夢中になって楽しもう!というのがテーマです!
AAKINO
B秋田県
C元木山公園
●飯田房貴 (ポイント:7.6点)

出ている方の技術力が高いので、Tボードの魅力がよく伝わる。片足で滑ったり、180で滑ったり、そのトリックの安定感も高い。スラロームのレースをしているところもTボードの見せ方の1つ。それと、遊び方を研究している様子もわかりました。
タイトルにある通り、まさにリミテッドを感じさせない作風。

●綿谷 直樹 (ポイント:7.8点)

限界なんて無い!っていうメッセージ通りアグレッシブなライディングの数々、とても面白かったです。かなり乗りこなしているのがよくわかります。
世界レベル迄あともう少しではないでしょうか?

●Tierney Tyler (ポイント9.0点 )

最高ですね。そしてライディングもすばらしい。ダウンヒル、フラットランドを多彩なテクニックで乗りこなす。ライダーがとても楽しんでいる映像でした。コーンをボードで飛ばすテクニックが一番好きですね。またTボードを片足で乗っている映像も凄い。私も片足で乗りますが、彼のほうが私より上手い!
3位

エントリーナンバー1


23.3点

T-001コンプリートセット(ロング・ウレタンウィール)

no title
@スノーボード大好きなプロスノーボーダー瀧澤憲一や幻影headwear代表の幻影などwhole9クルー達がT−ボードでも最高に楽しんでま〜す!!
A幻影
B北海道
Cテイネオリンピア駐車場
出演ライダープロフィール
●飯田房貴 (ポイント:7.8点)

Tボードの遊び方が、非常にバラエィに表現されている。
定番のショートターンから始まり、180、グラブ、スキー風に両足揃えて乗って、ウェイクボードのようにロープでも引っ張られて楽しんでいる。
遊園地の近くの夜の滑りシーンでストーリート感が出ていていい。これがあれば、いつでもどこでも楽しめる、という印象を与える。
また女性のシーンがあり「女の子だって楽しめるぞ!」というテーマも伝わる。
草むらを滑るシーンでは、遊びの探究心の高さが出ている。
最後にTボード大好きのメッセージを文字で出したところも、この制作者の思いが出ている。本当に「最高!」という気持ちが伝わるビデオ。

●綿谷 直樹 (ポイント:7.2点)

非常に凝った作りだと思います。トーイングや芝の上、あらゆるシチュエーションで試すのは遊ぶフィールドの可能性を提案してくれたように感じます。

●Tierney Tyler (ポイント8.3点)

フラットランド、ダウンヒル、昼と夜の異なる風景、丘、アミューズメントパークなどのライディング映像。ロープで引っ張ってもらう映像も良かったです。スノーボードのワンシーンを取り混ぜた編集なども好きでした。ライダーもすばらしかったです。最後に急ブレーキして両手を上げるシーンなどは完璧でしたね。

以下エントリー賞として、全エントリー者にウレタンウィール2個セットプレゼント
各審査員のコメント

エントリーナンバー2


●飯田房貴 
やっていく内に徐々に上達していた姿というのは、なんとなく伝わったけど・・・、これではTボードの魅力は伝わらないし、Tボードの楽しみ方を見せるという点においても、残念ながら見当たらなかった。

●綿谷 直樹 
ちょっと単調でした。ロケーションも固定気味だったのが非常に残念。
最後の女性の悲鳴にビックリしました。

●Tierney Tyler
最初の坂がいいですね。一度落ちでから平地、また落ちるような坂。なんとなく砂利道のような坂ですね。
エントリーナンバー5

●飯田房貴 
Tボードの愛好家の方たちが、スラローム・テクニックを中心に楽しんでいる様子がわかる。しかし、Tボードのもう1つの側面であるフリースタイルな見せ方とか、あまりなかった。また同じシチュエーションばかりが出ているので、そこも全体的に単調にしてしまっている。

●綿谷 直樹 
残念、動画コンテストとしては静止画が多かった気がします…
また、全体的にも単調な気がしました。

●Tierney Tyler
坂道を登っているシーンがいいですね。Tボードにとって上り坂はよく無視される部分なので。
エントリーナンバー6

●飯田房貴 
Tボードの魅力をスラローム・ターンで見せ過ぎているところが残念。また、遊びの画を入れているが、それが不必要に思うところがいくつかあった。
Tボードから撮影された景色の画は、なかなか新鮮。
最後のおまけも失礼ながら素人丸出しの編集方法。だけど、自分はその部分に共感を持てた。

●綿谷 直樹 
アットホームな雰囲気はハードなBGMとギャップがあったかも…

●Tierney Tyler
皆さん楽しんでいらっしゃる様子がわかりますね。この作品はTボードで遊んで過ごした一日が伝わります。ユーモアがある作品でした。
エントリーナンバー7


●飯田房貴 
いかにもアルペン・ボードという方の滑り。なるほど、この方はこれでスノーボードの練習をしているんだな、と思ったけど、Tボードならでの遊び方という切り口がなかったので、その点、寂しく思った。

●綿谷 
微妙ですね…。もうちょっと個性的でインパクトが強ければ…

●Tierney Tyler
ライディングテクニックはすばらしい。Tボードの足の位置もよくフォームがキレイでした。
エントリーナンバー8


●飯田房貴 
カメラを道路に置きっぱなしのちょっと変わった冒頭シーン。本編部分では、主にターンを見せている作り。最後のNG集がちょっとおもしろかった。編集という点では、なかなかの作品だったと思う。つまり、それなりに構成されている作品だと思うのだ。

●綿谷 直樹
ナイストライです!T-Boardでスケートパークに挑戦した心意気に+1ポイントプラスしました!
何事もトライ&エラーですよね!

●Tierney Tyler
作品の始まりかたがユーモアがあり面白かった。
エントリーナンバー9


●飯田房貴 
Tボードに行く日を朝シーンから追っていて、なかなか新鮮な作り。途中にランチ・シーンなどもあり、「なるほど、この人たちにとってはまるで1日のスノーボードをゲレンデで楽しんだことと同じなんだ」ということがわかった。
最後にはナイト・シーンがあり、ナイターのスノーボードをしているかのようだ。
三脚も使って撮影していて、全体的な画が安定していて見やすい。
この作風を考えた人が監督になって、もっと技術力の高いライダーを使ってビデオを作ったら、さらに良いものができるだろう。
ただ、出ている人がまだ実力不足でも、なんか愛嬌のある3人衆だし、「夏にスノーボードができないのは辛いけど、夏だってTボードがあれば充分に楽しめる!」という強いメッセージが伝わったので、その辺で評価を高くした。

●綿谷 直樹 
オープニングの画像の綺麗さにおぉっ!となりましたが後半が…残念!

●Tierney Tyler
ストーリー性とユーモアががあり良い作品でした。
エントリーナンバー10


●飯田房貴 
いきなり縁石を5連チャンで滑って、高い技術力を見せる。難易度の高そうな坂をずっと滑っていく姿を見せる全体の構成。そして、ときおり、オーリー入れての180を見せて、またボードスライドも見せる。そして最後にはまたきれいにオーリーを決める。現在のTボードのシーンでは、かなり高い技術を持っている方だいうことがわかる。
これだけ高いフリースタイル技術を持っているので、もっとフリースタイル・シーンをガンガン見せてほしかったし、工夫もしてほしかった。例えば、オーリー180の前にオーリーを何発か見せて、最後にオーリー180を見せるなど。
あと、砂利か雑草があるような、小山のようなところを強引に滑っているところも、ワーオと思わせてくれた。
技術力の高さでは光るところがあったので、高得点。Tボードの魅力の深さを見せてもらった。

●綿谷 直樹 
Goodです!まさにT-boarderですね。レベルの高さを感じました。
残念なのはライダーの数が少なかったことです。T-Boardは沢山の人と楽しんで欲しいですね。

●Tierney Tyler
縁石ライディングが気に入りました。

エントリーナンバー11


●飯田房貴 
初めて1週間ということだけど、なかなかうまいです。
ひたすらスラロームのシーンをバック・ミュージックもなく見せてもらいました。

●綿谷 直樹 
う?ん…。単調でメッセージ色が薄かったです…。

●Tierney Tyler
Good!
エントリーナンバー12


●フサキ 
女の子が出て、モンスターが出て、いろいろ頑張って編集しているのが伝わりました。

●綿谷 直樹 
あのお面の意味は何なのだろう…もうちょっと皆で集まった映像があれば良かったと思います。

●Tierney Tyler
違った意味で面白い作品。マスクが良かったですね。
エントリーナンバー13


●飯田房貴 
夏場の暑い日でしょうか。スノーボードのウェアーを全身着込んでTボードをやっている。そのユーモラス感を伝えたいのはわかったけど、Tボードの魅力は伝わらなかった。

●綿谷 直樹 
暑いですよね…何月だったのでしょう…

●Tierney Tyler
暑そうですね。
エントリーナンバー14


●飯田房貴 
スラローム・ターンを楽しんでいる、練習しているということは理解できたけど。
撮影ポイントのバリエーションもなく、工夫しようとする姿勢も感じれなかったので残念。

●綿谷 直樹 
単調でした…。テクニックはわかるのですが、楽しさがもっと伝わると良かったと思います。

●Tierney Tyler
ナイスな坂道!


 



@コメント
Aニックネーム(又は実名)
Bお住まい(都道府県のみ)
CオススメのTボード遊び場所〜

エントリーナンバー1
no title
出演ライダープロフィール
@スノーボード大好きなプロスノーボーダー瀧澤憲一や幻影headwear代表の幻影などwhole9クルー達がT−ボードでも最高に楽しんでま〜す!!
A幻影
B北海道
Cテイネオリンピア駐車場
エントリーナンバー2
no title

@僕、今ヘルニアです!!
A1人プレイ
B福岡県
C桧原運動公園

 

エントリーナンバー3
t2bc-in-saiko

@関東のSnowBoard大好き仲間が、老若男女問わず毎週「彩湖」に集って遊んでます!
Ayoshi
B埼玉県
C荒川彩湖公園

エントリーナンバー4
Limit is nothing

@「Limit is nothing」。いろんな限界、制限ということをなにもかも忘れてとにかくTボードを夢中になって楽しもう!というのがテーマです!
AAKINO
B秋田県
C元木山公園

 

エントリーナンバー5
Tボード 動画♪

@昨年、開催した京都セッションの様子を中心に集めました。
素人編集ですがよろしくです。
Aヨネ吉
B福井県
C京都Aパーク、福井Tポート

エントリーナンバー6
Tボード

@楽しくTボードで遊んでます。みなさんも、ぜひTボードで遊んでみて下さいね!!
Aふみたん
B福井県
C福井Tポート

 

エントリーナンバー7
T-style

@私のTボードスタイルをご覧下さい。体育会系で精進しています。
A岩太郎
B兵庫県
C淡路島公園

エントリーナンバー8
Tボード〜風を感じて♪

@スノーボードサークルでのオフシーズンの楽しみ♪
Aウチャン@RB
B兵庫県
C "g"skate park

 

エントリーナンバー9
Tボード

@テーマは「A day on T-board…」
Tボードで過すとある休日。
Aうみんちゅ
B神奈川県
C石垣山一夜城歴史公園

エントリーナンバー10
横乗りの夏、

@wine yeah!
長野 松本は坂道いっぱい!
Tボードにはいい環境。
A○山
B長野県
C近所の山々
タマパーク

 

エントリーナンバー11
はじめてのTボード・・・・

@まだTボードを始めてから1週間。とりあえず撮ってみました。
Aけんたろう
B長野県
CM-WAVE

エントリーナンバー12
スノボーオフトレアイテム「Tボード」

@スノボーにかなり似ている
ポジションの確認、バランス感覚、運動不足解消、金欠時 
トータルバランス完璧です!
ABOBU
B群馬県
C宮城運動場

 

エントリーナンバー13
Summer's SnowBoard

@「きっと誰もが一度は考えて、でもやらなかったこと」に挑戦しました!誰もやらなかった理由は・・・たぶん最後にわかります(^^; Produced by T-BOARDER-A
Aさんぺ
B秋田県
C太平山花公園

エントリーナンバー14
Tボード特訓中の巻

@友達に進められて始めてみました。冬に向けて特訓中です。
Aken
B群馬県
Cただいま、捜索中

 






製品に関するお問い合わせは
Eメールinfo@tierneyrides.jpにて

Copyright © 2013 ティアニーライズジャパン All Rights Reserved.



ティアニーライズジャパン公式サイト ホームページ サイトマップ

エクストリーム系スケートボード関連サイト
フリーラインスケート - 次世代スケボースノボーサーフィンスノーボードスノボー)とスケートボードスケボー)とサーフィンがコンパクトに
ポンプロッカー - 地面に足をつけなくても体重移動だけでぐいぐい進む3輪スケートボードサーフィンオフトレ スケートボードサーフィン動画
Tボード - 雪がなくてもスノーボードスノボー)2輪スケートボードスケボー)のTボードスノーボードカービング感覚を味わえる夏のスノボー
ローデッドボード - 板のしなりが半端でない!バンブー(竹)素材のローデッドボード社のロングスケートボード(ロンスケ)。
オリジナルスケートボード- サーフィンライフを楽しむ初心者から上級者までサーフィンオフトレに特化してデザインされたロングスケートボード
スノースケートボード - 雪上スケートボードスノースケートボード!日本でスノースケートボードを販売しているのはここだけ。スケート動画
フローボード - 14輪の新感覚スケートボードスケボー)のフローボード!前後7輪ずつのスケボーウィールが連なっているユニークなスケート
ソールアークボード - サーフィン波乗り感覚スノーボード深雪感覚!まるで鳥のように飛んでいるかのように振動を感じない新感覚スケート
ソフトラックス - スケートボードオーリーテクニックコツやり方高さを学ぶオーリー練習用トラックソフトラックス」アメリカでも人気のスケート
キックンゴー - あのローラースルーGOGO(R)が帰ってきた!次世代キックボードキックンゴー」はレバーを踏み込むだけでぐんぐん進む。
ドリフトスクーター - さらに次世代キックボード第2弾「ドリフトスクーター」登場。体を揺らすだけでグイグイ進む新感覚なキックボード動画
バンシーバンジー - バンジージャンプ横乗りスポーツ版。強力な弾力性のあるロープの反動を利用した新しいエクストリームスポーツ
Xスポーツジャパン - ユニークコンセプトのスケートボード通販サイト「Xスポーツジャパン」。各スケートボードウィールパーツデッキトラック
コンクリートウェーブマガジン - スケートボードの本場アメリカで年5回発刊されているスケートボード専門雑誌100%スケートボード関連の雑誌